MENU

【レビュー】空気清浄機Daikin(ダイキン)MCK70Xがおすすめ理由!

こんにちわ、はるです!
みなさんは空気清浄機ってお持ちですか?

我が家は2021の3月に購入しました。それまで持っていなかったのですが、3つの理由から購入しました。

  • 妻の花粉対策
  • コロナの対策
  • 子どもたちがホコリ吸い込み防止

子どもがいる家庭や、花粉に悩んでいるご家庭は多いはずです。
これから乾燥する時期が来ますので、より空気は清潔にしておきたいですよね!

我が家で、購入したのが【Daikin(ダイキン)2021年モデルMCK70X】です。
価格と、清浄のスペック、ランニングコストを吟味したうでこちらにしました!
リビングと、寝室に2台購入しました(#^^#)

半年間使用したのでいいところ、残念なところをご紹介します!
また、改めて、他機種との比較も行いなましたので、検討中の方はご参考ください。

こんな人に読んでほしい
  • 空気清浄機の購入している人
  • 子どもがいるご家庭の方
  • ホコリ掃除を少しでも楽にしたい人
目次

Daikin(ダイキン)2021年モデル【MCK70X】の紹介

MCK70X-おすすめ-空気清浄機-2021

購入した空気清浄機をスペックと選んだ理由、使用感をご紹介します。

MCK70Xのスペック

MCK70X
価格¥44,780
最大適用床面積空気清浄:~31畳(~51m2)
加湿空気清浄:~31畳(~51m2)
フィルター種類 TAFUフィルター
フィルター寿命10年
加湿機能
騒音値空気清浄:54dB
加湿空気清浄:54dB
幅x高さx奥行395x600x287 mm
その他機能ストリーマ
アクティブプラズマイオン
カラー展開ホワイト
ビターブラウン

引用:https://kakaku.com/item/J0000034021/spec/

6カ月の使用感

使用感として、一言で満足です!
リビングと、寝室にそれぞれ置いていますが、どちらでもホコリ等を十分吸い取ってくれています。
主観になってしまいますが、杉アレルギーの妻も楽になったとのこと。
また、リビングに置いているものは料理の匂いにもすぐ反応して、脱臭してくれるのでGoodです!

【良かったところ】

・花粉、ホコリの吸引がよくて、床のホコリが減って掃除が楽になった
  髪の毛も吸引するほどのパワーです!!
・料理の匂いにすぐ反応してくれて、匂いが軽減された

  子どものうんちの匂いにすぐ反応してくれます。
・フィル―他の掃除が楽!正面のカバーを外すだけ、フィルター1つだけなので楽。

  2週間に1度行う掃除が楽なのは助かります!
・加湿器の水入れが楽!

  給水タンクが脇から入れられるので便利!
・フィルター交換が10年間不要なので良い
  

【残念なところ】


・自動運転で風量「強」になったときに、うるさい
  基本「中」固定で稼働させるようにしています。
・デザインが少し業務っぽい
  ホワイトはおオフィスにありそうな感じがします。
・アプリが使いづらい
  基本使いません。
・本体価格が高い
  長期的にみれば安いので問題なしとする。
・リビングで使うには加湿機能は物足りない
  メインの加湿器を置いて、サブ的な役割だといい。

2021年に空気清浄機を選ぶなら!おすすめ!

では、今シーズン何を選べばいいかリサーチしましょう!

ちなみに、空気清浄機の新モデルの発表時期は10月~12月です!
新モデルに機能を期待するのもいいですが、
すでに、空気清浄機は機能が頭打ちになっており、過去モデルとも機能に差異がなくなってきております。

空気清浄機の選ぶポイント

まず、空気清浄機を選ぶポイントについて整理します。
空気清浄機の選択ポイントはこちらです。

  • 清浄力:
    【最大適用床面積】が、実際に使用する部屋の2倍~3倍が望ましいです!
      ※最大適用床面積 = 30分間で空気を清浄できる畳数
  • 値段:
     安ければ安いほどいい(コスパ重視)
  • 集塵性能:
     いかに空気をきれいするか。
     TAFUフィルタはHEPAフィルターと比べ、
     10年使用後でも約1.4倍の集じん効率を維持
  • 維持費:
     フィルター代やその他パーツでランニングコストがかかるか
  • 手入れの手間加減:
     フィルターなどの日頃の掃除のしやすさ

機種比較(スペック・ランニングコスト)

下記3種が、選択候補に挙げた3機種。
リビングでの使用を想定して、「最大適用床面積」が広いもので絞りました。
ダイキン、パナソニック、シャープの3社の機種としました

ハイスペックのウィルス除去を唱っている機種もあります。10万円ほどの価格帯は除外しています

  ダイキンMCK70X

MCK70X-おすすめ空気清浄機-2

パナソニック F-VC70XT

F-VC70XT3
F-VC70XT2

シャープ KI-LX75

KI-LX75
KI-LX75
ダイキン
MCK70X
パナソニック
F-VC70XT
シャープ
KI-LX75
価格¥44,780¥34,139¥31,111
最大適用床面積空気清浄:~31畳(~51m2)
加湿空気清浄:~31畳(~51m2)
空気清浄:31畳(51m2)
加湿空気清浄:29畳(48m2)
空気清浄:~34畳(56m2)
加湿空気清浄:~23畳(38m2)
フィルター種類 TAFUフィルターHEPAフィルター HEPAフィルター
フィルター寿命10年10年 10年
加湿機能
騒音値空気清浄:54dB
加湿空気清浄:54dB
空気清浄:54dB
加湿空気清浄:53dB
空気清浄:53dB
加湿空気清浄:45dB
幅x高さx奥行395x600x287 mm398x640x257 mm400x693x359 mm
その他機能ストリーマ
アクティブプラズマイオン
ナノイーX
エコナビ
メガキャッチャー
高濃度プラズマクラスター25000
自動掃除機能
カラー展開ホワイト
ビターブラウン
ホワイト
木目調
ブラック
ホワイト系
ブラウン系
フィルター価格10年計 \6,000

[内訳]
10年で要交換
TAFUフィルター
¥3,500
抗菌加湿フィター
\2,500



10年計 \17,820

[内訳]
10年で要交換
集じんフィルター
¥7,700
脱臭フィルター
\4,950
加湿フィルター
¥5,170
10年計 ¥39,970

[内訳]
10年で要交換
集じんフィルター
 ¥5,750
脱臭フィルター
 \4,950
加湿フィルター
 ¥4,290
(小計\14,490)

交換用プラズマクラスター

イオン発生ユニット
 \3,080
24時間使用の場合2年で交換
(小計\15,400)


Ag⁺イオンカートリッジ

1年で交換
 ¥990
(小計\9,900)
吸引場所・3方向から吸引
 正面、右、左
・正面から吸引・背面吸引

シャープのプラズマクラスター、パナソニックのナノイーX
 空気中にプラスイオンやマイナスイオンを放出して、そのイオンが花粉や胞子などを分解する、臭いの微粒子を包んで人が感じなくする

■ダイキンのストリーマ・ アクティブプラズマイオン
 プラズマ放電で発生させた電子と空気中の酸素や窒素が一緒になって菌や微粒子、臭いの元を分解します。
 アクティブプラズマイオンといって、空中にイオンを放出して胞子や菌を無害化する機能も併用

デザインではパナソニックの木目調がおしゃれ!!

シャープは維持費が高いわ!トータルコストで考えなきゃ!

「その他機能」の各社機能は、3社ともにイオンで分解機能はあるわ!
ただ、ダイキンだけ2種類の技術が備わっているのがポイント!

フィルターもダイキンだけTAFUなので機能の維持力期待できるわ!

選ぶならこれ!

選ぶなら ダイキンMCK70X がおすすめ!

初期費用は掛かるが、トータルコストでは安くすむ!
性能も問題ない!

ダイキン
MCK70X
パナソニック
F-VC70XT
シャープ
KI-LX75
値段
¥44,780

¥34,139

¥31,111
清浄力適用床面積は同レベル
集塵性能ダイキンのみTAFUフィルターのみ

維持費

10年計
\6,000


10年計
\17,820
×

10年計
¥39,970
交換パーツは
ダイキンが一番安い
手入れの手間加減ダイキン:正面でフィルター1つなので〇
パナ:フィルター数は多くて手間
シャープ:自動清掃は便利
総評
各メーカー公式HP

まとめ

私が購入した、ダイキンの機種はやはりおすすめの機種と言えます!!

他社比較しても下記の点がよいです!

  • 集塵機能
  • ランニングコスト
  • 手入れのしやすさ

若干、デザインで好みが分かれるかもしれませんが、検討を考えてる方は是非おすすめしたい!

子どもがいる過程にはこちらもおすすめ
よかったらシェアしてね!
目次
閉じる