MENU

【レビュー】オイルヒーターはデロンギがおすすめ!寝室暖房に最適!赤ちゃん子育て世代におすすめ理由!

みなさんは寝室の暖房器具って何を使っていますか?

  • エアコン
  • 石油ストーブ
  • ファンヒーター
  • 電気毛布
  • オイルヒーター
  • ガスター
  • 使わない

など、ありますよね!

我が家では、寝室にはオイルヒーターを使用しています!
子ども一人目が秋生まれのため、冬場の寒さ対策にいろいろと検討した結果、
デロンギのオイルヒーターにしました。

我が家の状況
子ども2人(1歳児、3歳児)、どちらも11月生まれ
東北住まい、寝室2階の8畳、掃き出し窓と腰窓、フローリング

きっかけは、夜中の授乳時に、肌を出す妻が「さぶっ!!」と言ったことです!
やはり、肌を出すと寒いですよね・・・

最初は石油ストーブを使用していたのですが、
大人では小さく感じる音でも、敏感になってしまいますし、3時間ごとになるタイマーの音が面倒でした。
小さいことですが、睡眠不足になっている中では少しの手間も、省きたくなります。

そこでオイルヒーターについて、ご紹介します!
3年間使用してきた体験についてもご報告します。

こんな人に読んでほしい
  • 赤ちゃんの授乳で寒さ対策を検討しているご家庭
  • 寝相の悪い家族がいるご家庭
  • 夜中に暖房を使い続ける方
目次

寝室暖房におすすめデロンギのオイルヒーターについて

まずはデロンギのオイルヒーターについて知っていただきたいです。

オイルヒーターとは

まず、オイル―ヒーターとは、
本体内のオイルを電気で加熱して、パネルから放熱されるふく射熱で暖める暖房器具です。
ふく射熱」はモノからモノに伝わる熱で、温度の高い物体から低い物体へ、電磁波によって伝わる熱のことです。
物体の中の方まで届く特徴があり、体感としては「芯から温まる」と感じます!

ふく射熱は、岩盤浴とおなじ!
じんわりポカポカとなる温かさね!

オイルヒーターのメリット

〇ファンやモーターを使わないため、運転音が静か
〇風を起こさないので、ホコリをたてない
〇空気を汚さない

オイルヒータ ー のデメリット

〇温まるスピードが遅い
〇電気代がかかる

デロンギとは

デロンギ-logo

デロンギとは、コーヒーメーカや暖房器具をメインとしているイタリアの家電ブランドです。
他にも、オーブンやケトル、フードプロセッサーなど、おしゃれな家電も有名ですね。

寝室暖房用に購入した【デロンギ マルチダイナミックヒーター MDH15-BK】について

デロンギ-マルチダイナミックヒーター MDH15-BK
広さ目安(畳)10~13
最大消費電力1500w
特徴マルチダイナミックヒーター
呼吸音より静か
室温を一定にキープする

じつは、分類的には「オイルヒーター」ではないんです。

簡単に言えば、オイルを使わないオイルヒータ―です!
価格.COMだと「オイルレスヒーター」に分類されます。

オイルヒータとーマルチダイナミックヒーターの違い

簡単に言えば、オイルヒータより新しい設計技術が マルチダイナミックヒーターで高性能です!
オイルヒータに比べて以下の点が進化しています。

  • 速暖性
  • 静音性
  • 温度の安定性

実際に使用してみて

使用して3年ですが、満足ですね。
確かに温まるのが遅いので、早めにつけておく必要はありますが、それ以外は良いです。

良かったこと
  • 本当に静か!
    「本当ついている?」と疑ったり、朝消し忘れがありました!
  • 子どもが触っても熱くない!
  • 風が起きないので乾燥もしない
    冬場の乾燥は、濡れたタオルを部屋にかけておくだけです。
  • 掃除が楽
    楽というかしていません。ファンヒータやエアコンだとフィルターの掃除が必須ですが不要です。
  • 電気代がかからない(気がする
    深夜料金帯での使用のためだと思いますが、デメリットだった「電気代」は感じません。
我が家の電気使用の条件
  1. 2020年も2021年も昼間はエアコン、夜間オイルヒーター使用。
    (2020年出産のため、2021年在宅ワークのため)
  2. ドラム式乾燥機を毎日夜使用
  3. オール電化
デロンギ-電気代

日中エアコンを使用しない家庭や、
乾燥機使わない家庭は、
我が家の電力量が上限として、差し引けば大体の予想がつくと思うの!

残念なところ
  • 温まるのが遅い
    最初は石油ヒーターやエアコンで部屋を暖めておいてから、オイルヒータに切り替えるようにしています。
  • 電気代がかかる(?)
    電気使用料については、ヒーター使い始めてからのものしかないため、正確にどのくらいかかるとは言えませんが、かかっているのでしょう・・・
    それでも、深夜料金で使用しているので大してかかっていない気がします。
  • 本体に操作ボタンがなく、リモコンでしか操作できない
    リモコンを見失ったとき面倒です。朝バタバタ起きた時にはリモコン失くしていると大変です。

2021年に寝室暖房を選ぶなら!デロンギのオイルヒータがおすすめ!

では、子育て世代はどの暖房を選べばいいかリサーチしましょう!
ポイントとしては、ターゲットは子育て世代、かつ、使う場所は寝室を想定していきましょう!

暖房比較

どの暖房機具が適しているかという点では、
安全性と、静音性が一番です。価格やメンテナンス性がたかればOK

引用元:https://www.rentio.jp/

結果、オイルヒーターです!!

デロンギ-マルチダイナミックヒーター MDH15-BK

石油ストーブは危ない!ので却下。
1カ月だけ試したことありますが、灯油を補充したり、買いに行くのも面倒ですし灯油代もかかるのでやめました。

エアコンはうるさいし、乾燥が強い!濡れたタオルを置いても、朝起きると喉がイガイガする。
でも、寝室にエアコンがあるなら、加湿器をおいて加湿すれば問題ないかも!!
ここは試せれる人は一度運用してからでいいと思います!

我が家は、当時エアコンをつけて居ませんでしたが、金額面でオイルヒータの方が安い、
エアコンだと取り付けまで日数がかかるため対象外としました。

また、子どもが2人目できたときに、違う部屋で授乳したりすることを考えたら、
移動させることができる方がいいと思いました。

オイルヒータを選ぶポイント

選ぶポイントについて整理します。選択ポイントはこちらです。

  • 暖房能力(あたたかさ):
    【対応畳数】が実際に使用する広さより広いこと
  • 使用電力(電気代):
     安ければ安いほどいい(コスパ重視)
  • 安全性:
    熱さや、転倒防止機能など
  • 手入れの手間加減:
     フィルターなどの日頃の掃除のしやすさ

オイルヒーターの電気代

下記の参考サイトに、オイルヒータの電気代について載っていました。

電気代について

消費電力(W)÷1,000×1日の使用時間(時間)×1kWhあたりの電力量料金(円/kWh)=電気代

  • 機種:デロンギ オイルヒーターリビング用(10畳)RHJ75V0915-GY(※)
  • 設定温度:20℃
  • 運転時間:13時~22時
  • 1kWhの電気代:27円/kWh
  • 消費電力:600~1500W

1時間あたりの電気代:
600W÷1,000×1時間×27円/kWh=16.2円
1500W÷1,000×1時間×27円/kWh=40.5円


1日あたりの電気代:
600W÷1,000×9時間×27円/kWh=145.8円
1500W÷1,000×9時間×27円/kWh=364.5円


消費電力が600~1500Wのオイルヒーターの場合、1日(9時間使用)の電気代は145.8〜364.5円となります。

引用元:https://looop-denki.com/low-v/denkinavi/oilheater/

例えば、夜中に使用の場合、21時~7時までしようとすると10時間です。
1日10時間×30日=300時間/月

上記例の電気代を参考にすると、

1か月あたりの電気代:
 600w :16.2円(1時間当たり) × 300時間 = 4,860円
 1500w : 40.5円(1時間当たり) × 300時間 = 12,150円

1シーズン5カ月(11月~3月)利用を想定:
  4,860円 (1か月あたり) × 5カ月 = 24,300円
  12,150円 (1か月あたり) × 5カ月 = 60,750円

高いわ!

でも、検討の際には
楽観視せず、1500wで想定していた方が安全よね。。

安全面を考慮してオイルヒータとしても、
ランニングコストを抑える工夫が必要だ!

候補選抜オイルヒーター

候補は、「価格ドットコム」で上位にします。

オイルヒーター-比較

引用:https://kakaku.com/kaden/heater/itemlist.aspx?pdf_Spec101=14,5

上位をデロンギが占めています!!

なので、
デロンギのマルチダイナミックヒーターと
オイルヒータ、
別ブランドから、コロナ、アイリスオーヤマ、eureks

5機種を比較対象とします。
※上記赤枠

機種比較(スペック・ランニングコスト)

下記、選択候補に挙げた5機種。
情報転用元は 価格ドットコム

デロンギ
マルチダイナミックヒーター MDHU15

デロンギ-MDHU15

デロンギ
アミカルド RHJ35M1015-BK

デロンギ-RHJ35M1015-BK

コロナ 
ノイルヒート DHS-1519

ノイルヒート-DHS-1519

アイリスオーヤマ IWH2-1208M

アイリスオーヤマ-IWH2-1208M

eureks LFX11EH(IW)

スクロールできます
デロンギ
マルチダイナミックヒーター MDHU15
デロンギ
アミカルド RHJ35M1015-BK
コロナ 
ノイルヒート DHS-1519
アイリスオーヤマ IWH2-1208M eureks LFX11EH(IW)
価格¥61,500¥34,398¥48,500¥13,101¥25,800
タイプマルチダイナミックヒーターオイルヒーター高密着FIXALヒーター
(アルミダイキャスト式)
ウェーブ型オイルヒーターオイルヒーター
対応畳数木造:6畳
コンクリート:10畳
木造:6畳
コンクリート:10畳
不明木造:6畳
コンクリート:8畳
木造:4畳
コンクリート:10畳
使用電力1500w 1500w 1500W~300W強:1200W/中:700W/弱:500W不明
幅x高さx奥行275x665x510 mm260x650x525 mm270x621x469 mm256x630x375 mm205x620x530 mm
その他機能24時間デジタルタイマー(3モード)/スリープ
チャイルドロック機能
24時間デジタルタイマー

危険察知時電源オフ
エコモード
チャイルドロック
プログラムタイマー
入タイマー
切タイマー:1~24時間マイタイマー
エコモード(高感度室温センサー)
ポイント・速暖 従来の2倍
・表面約60℃設計でやけど防止
・すきまに指が入らない構造・メッシュ構造で安心。

・旧オイルヒーターと比べ、電気代が63%節約
デロンギ調べの購入満足度No1
・表面約70℃設計でやけど防止
・速暖
・ウェーブフィン
・速暖
・ウェーブフィン
・エコモード

あれ?!性能での違いがあまり判らないわ!!

これなら本体価格が安い、アイリスオーヤマがいいかも!!!
でも、ランニングコスト低そうなデロンギも悩みどころ!

コロナやeureksは対応畳数が、少し不安がありますね。。
アイリスは電気少量が小さいのが、暖房性能に影響ないか不安ね。。

オイルヒーター選ぶならこれ!

選ぶなら
デロンギ マルチダイナミックヒーター MDHU15
がおすすめ!

初期費用は高い、でも、2シーズンで回収できる見込み!

選んだポイント!

まず大前提として、
子どもと家族が適度な室温で、快適な睡眠を過ごせるためにオイルヒーター購入を検討しています!
なので、対応畳数が使用環境に適していることは必須です。
また、

  • 本体価格は高いが「 電気代が63%節約 」であること
    子どもが小さいうちは毎シーズン使用を想定すると、ランニングコスト低い方が結果お得!
    電気代参考サイト:https://oilheater.delonghi.co.jp/know/calculation.html
  • 実際使用してみても、電気代はかからないこと・温かいことが魅力!
  • 筆者使用していた残念と思っていた「本体での操作」が可能になっている

もちろん、
実機比較を行っていないのでデロンギのマルチダイナミックヒーター以外の機種についても、
深夜料金ではやすいことは想定されます。


ですが、
長く使えば使うほど、トータルコストはデロンギの方がお得と思います!

気になった製品の電気代について調べてみるのが確実です!

まとめ デロンギオイルヒーターは寝室暖房におすすめ!

デロンギのマルチダイナミックヒーターがおすすめ!!

本体価格は高いですが、ランニングコストも考えて長期で使用するなら良いです。

前提にしていたように、子どもの寒さ対策のため、ある程度大きくなるまでは使用することが見込まれます。
なので、トータルコストで感がてみてはどうでしょうか?

赤ちゃんへの授乳時や、寝相の悪い子が風邪ひかないように検討してみてはいかがでしょうか。

おすすめのダイナミックヒーターの機種は2つ。
Wi-Fi機能の有無で異なります。正直Wi-Fiは不要かと思います!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる