MENU

【朝活とは?】自分の時間がとれない人には朝活がおすすめ!おすすめ朝活とコツ




こんにちわ、はるです。

社会人になって、自分の時間の少なさにびっくりしている人が多いかと思います。
また、子育てで自分の時間がなくてノイローゼになる方も少なくありません。
そんな方々におすすめしたいの朝活についてご紹介します。

この記事は次の方に読んでもらいたいです!

  • 夜の作業がはかどらない人
  • 自分の時間がとれない
  • 子育て中で、ひとり時間がほしい人
目次

朝活とは?

そもそも朝活とは、朝の早い時間に活動することです。
単純な早起きでなく、
朝早く起きて資格勉強などのスキルアップや、趣味の時間にあてて
時間の有効活用させ、生活を充実させることが目的になります。

目標へ向かっての時間を活用するため
『朝活』勢同士SNSで繋がりをもち、互いに励まし合いながら活動したりします。
また、
地域によっては、カフェなどで勉強会や交流会が行われているところもあります。


朝活の効果・メリット

寝起き


『1人の時間は夜の方がいい!』という方もいるかと思います。
夜活にない朝活をするメリットは次の4つです!!

【その1】ひとり時間を確保できる
家族が寝ている時間帯なので、邪魔されず自分だけの時間を過ごすことが可能です。

【その2】睡眠明けで、頭の疲れが取れているのですっきりしている
夜だと、頭が働きません。
PCでいうとキャッシュがたまっている状態で、処理が遅くなります。
夜だと作業効率下がってしまうと実感している方多いかと思います。

【その3】夜早く寝ることで、良質な睡眠が確保できる!
朝活をするためには、早寝が必須です。
そのため、睡眠のゴールデンタイムである22時~24時に身体を休めることが可能です。

【その4】生活のリズムが整む
早寝・早起きが習慣づくことによって、生活リズムを整えることが可能です。
リズムが整えることができると、さらに良質な睡眠がとることが可能になります。
結果健康促進へもつなげることが可能です!

朝活タイムスケジュール例

実際にわたしが実践している朝活は、以下のようなタイムスケジュールです。

20:45子ども寝かしつけ
21:15次の日準備、洗濯機スタート
22:00就寝
4:00起床
4:05水コップ一杯&カフェイン接種
4:10Twitterで朝活コミュニティへあいさつ
4:15勉強、ブログ執筆
5:15ランニング・筋トレ
6:00シャワー
6:10洗濯物をたたむ
6:25朝食準備、夕飯仕込み
6:50子ども起床
7:00朝食
夜は日中の疲れで、何もしたくないので寝ること優先にしています。
なので遅くても22:00には就寝します。
上手く進めば、子どもたちと一緒に21:00に寝ることもあります。朝活には、勉強とブログ執筆、運動としてランニング・筋トレを行っています!
夜だと、1日の疲れのため、勉強しても頭に入ってきませんが
朝活だと頭がすっきりしているため、
インプットとアウトプットどちらにも向いています朝活では朝日を浴びることも意識しているため、外でランニングを行います。朝日の時間は時期で異なるのため、日の出に合わせて時間はシフトします。
朝日は本当に綺麗で、心洗われて爽快な気分になるので本当におすすめです!

おすすめの朝活 7選

瞑想


わたしは朝活でいろいろ試してきました。
今は勉強、ブログ(副業)や運動と固定になっていますが、
他におすすめなものをご紹介します。

勉強・読書

朝は「頭がすっきりしている」状態ですので、
脳へのインプット時間としては最適です。
夜だと、日中のおきた出来事を無意識に考えて、集中が途切れがちですが、
朝だとすっきりしているため、物事を覚えるにはうってつけです。
資格の勉強や、ビジネス書、自己啓発本など、自身の成長につなげる時間として
夜活よりも最適です。

ランニング・ジョギング・ウォーキング

朝活では有酸素運動もおおすすめです。
ランニングなどを行い、ダイエットや健康維持をを目指すことができます。
寝起きは、夕食から最低でも6時間は経過しているため、体内のエネルギーが枯渇している状態です。そのため、ダイエットには最適の時間帯です。

また、体を動かすことで体も目覚めてすっきりした1日を過ごすことができます!
有酸素運動を続けられない人は日中の疲れが原因で、
夜活での運動は継続が難しいことが多いですが、朝活では継続しやすくなります。

いきなりランニングなど負荷が高いを行うと継続しづらくなりますので、
ウォーキングなど負荷の軽いものからはじめて、徐々にスピード上げて負荷を高めていくとよいでしょう!

筋トレ

有酸素運動と同様に、筋トレもダイエットや健康維持を目指すことができます。

筋トレの効果は、朝と夕方行うので変わってきます。
朝筋トレを行うと、アフターバーン効果と言って代謝が高い状態が一日中続くため、
ダイエットに最適といわれています。
夕方行う場合は、体が温まっている状態の為、筋肉の可動域を広くすることができる為
負荷を十分に書けることができ筋トレ効果を上げることだできるようです。

朝活の場合、有酸素運動の後に筋トレを行うと、体は温まった状態でおすすめです。

ヨガ・ストレッチ

筋トレなどの運動と比べて負荷は高くありませんが、
筋肉のストレッチ効果、代謝を高める効果があります。

寝起きで固まった体をほぐすこともでき、
また呼吸を整えながら行うことでリラックス効果もあり、
リフレッシュした1日のスタートを切ることができます。

瞑想

瞑想にはリラックス効果があります。
深くゆっくりと呼吸を行うことで、体のコリや硬さを和らげることができます。

また、集中力や、思考力を整え、1日クリアな状態で過ごすことができます。
もちろん、夜に瞑想を行っても効果はあります。
1日仕事などいろいろ考えた頭をリフレッシュさせることができます。
1日5分程度の瞑想からはじめて、徐々時間を伸ばしていき集中力を伸ばしていきましょう。

負荷のある朝活を行ったあとに、心身リフレッシュさせるため瞑想を行うことがおすすめです。

家事

朝は家事時間としても最適です。
特に子育て中だと子どもが起きている時間は、
子どもとの触れ合いを優先せざるを得なくなります。

ご飯支度や、洗濯物、掃除などの家事ができなくなったり、
疲れ切ったりして夜だとやる気が出ないことがあります。

単純作業である家事も朝にやることをおすすめします。
朝ですと、窓を開けて空気を入れ替えながら掃除もできたり、
出来立てのご飯を食卓に並べることもできます。

朝からバタバタ家事に追われたくない方には、朝活で家事を余裕をもって行えます。

副業

コロナ禍で加速したものの1つとして『副業』があるかと思います。
ですが、
ただでさえ忙しい本業に加えて、副業にかける時間がないという方も多いかと思います。

副業にも入り色々と種類あるかと思いますが、共通して集中が必要になります。
集中が必要な作業を、本業で疲れた夜に行うのはとても効率が悪いです。

朝の集中力が高い時間に、効率的に副業の作業を行うことをおすすめします。
わたしも朝活で副業作業を行っています。

続けるためのコツ6選

寝かた


実際に、朝活を始めることができても、継続できずに断念してしまうことがあると思います。
継続するためには気持ちだけでは難しいところもありますので、実践のコツをご紹介します。

夜10時までには寝る

朝活するからと言って、睡眠時間を減らしてはいけません。
睡眠時間を減らすと疲れが蓄積していき、継続できません。
健康に継続するために、睡眠時間は6~8時間は確保しましょう。
9:00台寝れたら4時には起きれます。

また、体を休めるためには寝る時間帯も大切になります。
10時~12時台に睡眠をとると良質な睡眠がとれます。

スマートウォッチのアラーム機能

家族と一緒に寝ている場合、
家族を起こさずに自分だけ起きるために、
スマートウォッチやスマートバンドのアラーム機能を使用することをおすすめします。
バイブ機能で目覚めることができるため、家族を起こさずに自分だけ起きることができます。

徐々に早く起きる

いきなり、早く起きることは難しいし継続が難しいです。
そのため徐々に起きる時間を早くしていき、習慣づけていきましょう。
15分や30分ずつ、自身に合ったペースで徐々に早くしていきましょう。

起きたら水とカフェインをとる

寝ている間に汗をかきますので、体を起こす意味も含めて、
コップ一杯の水を摂るようにしましょう。
冬場は、白湯の方が胃には優しいですね!

また、起きても眠くなりやすい場合は、
カフェインのサプリをとることをおすすめします。

優雅にコーヒーを淹れたい気持ちもわかりますが、
他の作業を行う時間確保と、即効性を重視でサプリでの接種は本当におすすめです!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる